事業化について



事業化について

■ 事業化について



マスターズマンションであれば■ファミリーマンションが供給過多の状況にあるエリア ■ファミリーマンション事業では現在の市場の中で事業性が保てない土地 ■再開発などの大規模開発地の一角で検討・事業化が可能です。マスターズマンションは高齢者の求める住宅像を具現化しています ファミリーマンションとはターゲットが全く異なる ファミリーマンションと比較し、集客エリアが広い ファミリーマンションと価格面で競合することはなく、付加価値に対する価格については妥当性を持って受入れられる 枯渇する高齢者住宅の供給に寄与することで社会・地域に貢献できる



検討事例
ファミリーマンションからの転換

A社がファミリーマンション用地として土地取得後、周辺で想定外の競合物件が多数発売。 供給過多による多くの完成在庫発生、価格競争により周辺市場が不透明となり事業凍結していたが、 新規事業としてマスターズマンションでの事業化を検討。

再開発

当初、大規模商業施設と公共施設ファミリーマンションで再開発計画がなされたが、経済状況の悪化により商業施設の規模が大幅に縮小された。
立地的にファミリーマンションの市場規模にも限界があった為、ファミリーマンションとの競合が少ないマスターズマンションの導入を検討。

事業再生

事業化案件1(ファミリー案件よりの転換)
事業化案件2(再開発案件)
事業化案件3(事業再生案件)
大規模高額終身利用権型有料老人ホームとして建設運営されていたが、入居率が1割程度と非常に低い状況で推移しており、経営的に苦しい状況となっていた。
この建物の一部を老人ホームとして残した上で、他の部屋を高齢者向け分譲マンションに用途を変更し、複合施設としての運営スキームを整理し分譲した。


事業再生

■ファミリーと高齢者では、購入意志の決定要素が異なる。
■高齢者は、ソフトサービスを重視するために、プランニングや接客方法にノウハウが必要である。
■ファミリー向け分譲マンションに比べ、高齢者向け分譲マンションは集客エリアが広域となりるため、広告手法・集計方法が異なる。
■入居後も、高齢者を支援し、コミュニティを形成する仕組みが必要である。


マスターズマンション用地として特に望ましい条件 ●ターミナル駅の徒歩圏  ●徒歩圏内に商業施設(生活用品店、スーパーなど)がある  ●周辺が平坦な立地である



ページの先頭へ
現在分譲中

サイトトップへ物件情報サイト企業概要法人のお客様お問い合せプライバシーポリシーサイトマップ